トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


2013-07-16:高橋千秋の考え(医療問題について)



高橋千秋の考え-医療問題について-

個人演説会に足を運べない方には、候補者の話を聞く機会がないと思いますので、
各地区の演説会で高橋が演説した内容を本人に代わってお伝えいたします。

今回取り上げたのは地域の医療問題についてです。
(名張+阿児アリーナでの講演を抜粋修正)

…………………………………………………………………
財源についてはいろんな考えがあります。

増税反対といった方が楽です。
公共工事も必要です。しかしそれには限度があります。

その中で何を優先するか。
それは、皆さんが本当に安心していける社会をつくっていくことです。

私たちは年金や医療、介護、子育てにお金を配分できるような考え方に変えようとしました。

小泉政権の時に、医療費を大幅にカットし続けた結果、全国の国立病院の6割が赤字になり、
お医者さんを確保できない状況に陥らせてしまいました。

県内でも、ものすごく医療格差が開きつつある。

私たち民主党政権では、診療報酬を変えて、病院の経営を安定させました。
そのことによって、お医者さんを確保できるようにする、そういう手だてをうったことで、
伊賀・名張地域は最近少し良くなってきたというお話も聞きました。

こういう生活者の目線で政治を正していかなければなりません。

きっちり意見が届く政治にしていかなければなりません。

自分の生活水準が維持していけるのか、多くの方が懸念を持っていると思います。
私はこの三重県が大好きです。だから、なんとかしていきたいとずっと思ってきました。

お金の配分や政策の違いで日本の方向性は生活者にとって大きく変わります。
この参議院選挙の結果で、あっというまに危険な方向に変わる可能性があるのです。


← BACK NEXT →
↑一覧へ戻る