トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


高橋千秋のまるまる通信#452

○女の戦い・・・・????
今日は平成21年度予算案の採決が行われるため、本会議が行われました。
その本会議に先立ち、議員総会が開催され、渦中の小沢代表が一連の経過の説明に来られたため、会議室の外は大騒ぎで、会場に入れないほどの記者で騒然とした雰囲気の中、議員総会が開催されました。結果的にはたいした騒ぎもなく終わりましたが、まだしばらくは、この騒ぎが続くのでしょうか・・・?さて、その議員総会が終わり、本会議場では予算案の採決となり、自民党からは静岡県選出の女性議員が賛成討論をし、ヤジの応酬が始まりました。そして、民主党のほうは新潟のアネゴ肌の女性議員が反対討論をするとさらに議場は騒然となったのです。特に、アネゴ議員は普段から過激な発言が多く、自民党の女性議員から敵視?されているのか、自民党の女性議員が叫び始めたためさらに議場では聞き取れないほどのヤジとなったのですが、女性の声は響いてよく聞こえるのです。その上、本会議場の演壇には議場の音が集中するようになっているため、登壇者には議場で誰がヤジっているのかよくわかるのです。そのヤジもだんだんひどくなって来た時、アネゴ議員は早口で読み上げていたのを、パタっと止めて、そのヤジっていた議員を睨みつけはじめたのです。議場はまさにケンカの場ではありますが、本当のケンカになりそうな雰囲気が会場に漂い始め、演説をしていないほうがさらに騒然となるという皮肉な雰囲気になってしまったのです。しばらく何も喋らず、ジッとにらみつけるこのアネゴ議員を見て、身内の男性議員がボソッとヒトコト・・。「敵じゃなくて良かった・・・。」そんな過激なバトルが終わって、自席に戻る時もその議員の方向を睨みつけながら戻る風景は、まるでプロレスの場外乱闘寸前の雰囲気で女の戦いはコワイ・・?しかし、そのバトルはまだ終わったわけではなく、いよいよ採決は札を持って壇上をグルグル回る記名投票となり、投票を終わったアネゴ議員は、さらに過激な行動に・・・・。投票を終えた彼女は、ワザワザ遠回りをして、相手の女性議員の横を通って行き、何やら言い合いになって、今にもつかみ合いのケンカになりそうで、またもや議場は騒然となってしまったのです・・・。後で聞くと、「売られたケンカは買う!」って、コワイよ・・・・・・。そんなバトルがありましたが、参議院では与党提案の予算案には問題が多く、否決しました。ただ、予算案は衆議院の議決が優先するので、両院協議会を開催後成立と言うことになってしまいますが、この予算では本当の景気回復になるとは思えません。麻生さん自体も、まだ本予算が成立していないのに第3次補正予算を出すと言い出す始末で、それなら本予算を修正すればいいのに・・。来週早々には予算の関連法案が採決される予定です。ちなみに、今日の本会議では「雇用保険法」の改正が全会派賛成で可決成立しました。これは、「派遣切り」が問題になる中、派遣労働者が「雇い止め」をされた場合、今まで一年以上雇用保険に入っていないと失業保険の給付が受けられなかったのを、6ヶ月に短縮することと、給付日数を増やすというのが柱で、多くの人が救済されることになるものです。もっともこの3月に多くの失業者が出る恐れがあるため、民主党の要求で施行を3月31日として与野党協議が整いました。これによって10万人の人が救済されるそうです。
詳しい資料が必要な方はご連絡ください。