トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


高橋千秋のまるまる通信#438

●日銀総裁人事
今日の10時から参議院本会議が開催され、国会同意人事の採決が行われました。
特に注目は日銀総裁人事で、政府が提案してきた武藤さんについては不同意ということになりました。多くの人から懸念を示す意見も頂きましたが、日銀の独立性を考えればずっと財務省の中で仕事をしてきた武藤さんでは独立性に疑問があるなどいくつかの理由で反対することになりました。多くの方々からの懸念は中央銀行の総裁が空白になっていいのか?とうことだと思います。株価にも影響があるのでは・・??などなど・・・。しかし、副総裁候補の白川さんは承認されましたので、日銀法の規定によれば副総裁が代行できることになっているため、懸念されるようなこともなく、本当に空白を作りたくないのであればもっと早くから提案して充分な審議をすればいいのに、日銀総裁の任期はもう明日で切れる今日、賛成しないことが分かっている武藤さんにこだわって出してくるのもよくわかりません。衆議院ではこれから採決を行うそうですが、同意人事は衆議院、参議院
が同格ですので否決されたら出し直さない限り無理だけど、あえて衆議院で採決をするということは同じ武藤さんを提案するということなのか・・・・?今日の採決は押しボタン方式ですから、所要時間は5分程度のものでしたが、議員総会がギリギリまでかかって本会議開始のベルが鳴っている中をあわてて本会議場に入ると、自民党席からは怒鳴り声のヤジが飛んでいました。何を言っているのか?と思うと、どうも入室が遅いと言っているようです。昨日は自民党が出席しないと言っていたのに、まるで野党のヤジのようになってきましたが、参議院の第1党が民主党となって、本会議の席が交代してしまったけど、控え室は変わっていないため、お互いに遠い控え室から反対側の席に座ることになってしまって、会議の始まりにはいつも廊下で与野党が交差することになってしまうのです。
そんなこともあって、無事入場したのですが、自民党席からは相変わらず怒鳴り声のヤジが飛んでいました。なかなか自民党の方々も野党に慣れてきた・・・・・???
明日から参議院の予算委員会は正常化することになり、さっそく衆議院では国土交通委員会が開催されて、関連法案の審議が始まったようですが、果たしてこの日銀問題は福田総理がどうするのか見えてきません。
●地震の原因?
新潟県の長岡市でCO2貯留事業というものが行われています。地球温暖化の問題で京都議定書の取り決めでCO2の削減が地球的な課題になっていますが、その対策として2000年から実験が行われていて本格的な稼動を待つ状態になっています。すでにノルウエーやオーストラリアなどのガス田の地中に二酸化炭素を入れ込む事業が本格化していて、日本のレベルは微々たるものなのですが昨年開かれた参議院の災害対策委員会で、中越地震の原因はこの実験ではないかという仮説が披瀝されました。突飛な話に聞こえますが、その意見を述べた議員の発言もなかなか真実味があり、その理論を開陳している学者を参考人として呼んで欲しいとの要求があったため、いずれどこかで呼ばなくてはなりません。そこでまもなく3月25日は能登地震から1周年ということもあり、委員会を
開催してこの問題も専門家から聞く方針ですが、この実験の担当である経済産業省のほうから説明したいという要請があって、先日説明を受けました。当然、彼らからすればあり得ない話ということになりますが、日本の削減目標を達成するには、省エネだけでは追いつかず、植林にも限度があって今後もこの実験も考えていかねばなりません。だけど地中に入れた二酸化炭素は噴き出さないのかなぁ・・・・???